長崎大学との共同研究について

2011年11月より、長崎大学経済学部の桃井准教授、勝又准教授と共同研究を開始しております。

研究内容

研究内容は、顧客離反防止のためのマーケティングアクションと題し、弊社のたっちじん(モバイルを利用した顧客管理システム)を活用して、売上予測からサービス業が抱える課題の解決を図ります。

具体的には、実際に店舗に来店されるお客様にはそれぞれ来店サイクルが違います。
毎日来られる方もいれば、半年に一回の方もいます。
私たちはその個人個人に対して来店動向を分析し、どのタイミングでプロモーションをかける事で効率よく来店促進が出来るのか?
という点に焦点をあて、生存率を割り出した後に、実際に長崎地区のお店でプロモーションテストを行い、結果を随時観測しながら、たっちじんのシステムに反映させていきます。

また今後は店舗別・業種別・立地別・会員属性別などに対して、同様にデータ分析を行いあらゆるノウハウをシステムに蓄積していきます。

この事により、店舗側としては、来店経験がある顧客に対して、最適なタイミングでプロモーションを行え、且つそのプロモーションの結果がどうであったか?までを把握する事が可能になります。